健康と心の状態に見る語学学習のやる気を左右する!?

投稿者: | 2016年9月29日
Pocket

 

 こんにちは!今日は

 

・「どうすれば勉強をする気になれるのか」

 

についてお話をします!!

 

皆さん、常にエネルギーに満ち溢れていてそれを勉強に向けられていますか?

 

最近の人は集中力がないと言われますが、僕はこれには二つの原因があるんじゃないんかなと思うんです。

 

今日はその二つの原因とその解決方法について考えていきます!!

 

まず一つ目の原因は、

 

・「そもそも生命力が下がりきっている」

 

というものです。

 

そして二つ目の原因は、

 

・「常に心が浮気性である」

 

というものです。

 

順番にお話しますね!

 

 

まず、一つ目の原因の、

 

・「そもそも生命力が下がりきっている」

 

という部分についてお話しします。

 

「生命力」と聞くとうさんくさいと思われるかもしれませんが、簡単に言えばエネルギーのようなものです。

 

(わかりやすくするためにここからは「生命力」という言葉の代わりに「エネルギー」という言葉を使っていきますね。)

 

僕らはそもそもエネルギーが枯渇している状態だとなんにもできないんですね。

 

これは当たり前のことで例えば風邪を引いて40度の熱があるときに長時間勉強しろといわれても不可能ですよね?

 

彼女や彼氏にフられてメンタルブレイク中に長時間集中しろと言われても無理ですよね?

 

簡単に言えばこういうことなんです。

つまり僕らは、

 

・「そもそもエネルギーがないとなかなか力を発揮できない」

んですね。

 

じゃあどうすればエネルギーを高められるのかというと、これは僕の暫定的な意見ですが、

 

・「スマホを見ない」ことと、

 

・「定期的に心の許せる人と会ってエネルギーを循環させる」ことと、

 

・「食べ物に気を遣う」ということなんじゃないのかなと思うんです。

 

順番に説明させてもらうと、まず僕らは「スマホ」に知らず知らずのうちにびっくりするほどエネルギーを奪われているんです。

 

僕もスマホを持つようになってから、ちょくちょく暇なときにネットサーフィンをしていた時期があったのですが、それをしていた時はすごく自分のエネルギーが下がっていたなあと今になって思うんです。

 

何かの記事で読んだことがありますが、スマホを常に使っている人は脳疲労のような症状を起こしていることがあったり、心が落ち着かない傾向にあるみたいです。

真偽の程はともかく、これはある程度正しいんじゃないかなと思うんです。スマホを常に使っていると僕らの心はどんどん疲弊していくんですね。

 

で、勉強する気も起きない、と。

 

じゃあどうすればその害を防げるのかというと簡単で、スマホを使わないようにすればいいんです。

 

僕は今ほとんど携帯を使わないのですが、そうすることで明らかに集中力ややる気が上がっているのを感じています。

皆さんも、勉強するときはスマホの電源をオフにしてみて下さい。

外で勉強するなら家にスマホを置いていくのもいいですよ!

 

こうして意図的に「エネルギー」を下げないようにしていたいですね。

 

 

次に「定期的に心の許せる人と会ってエネルギーを循環させる」ということについて。

これがどうして「エネルギー」と関係あるのかと思われる方もいるかもしれないんですが、僕らは「人」から「エネルギー」をもらって、さらに与えているんですね。

 

だからそもそも常に「孤独」な状態だと「エネルギー」が下がっていくんです。

(実際にどこかの国で行われていた刑罰のひとつに「孤独刑」というのがあったみたいです。真っ暗で音もない部屋に何週間も閉じ込める、といったもので肉体的に痛めつけたりするよりも強力で残酷なものだったようです。)

 

「孤独」と上手く付き合うことは「エネルギー」に大いに関係しているんですね。

で、どうして「心の許せる」という一節を加えているかというと、世の中には他人の悪口を言ったりして「エネルギー」を奪う人もたくさんいるからなんです。

そういう人とあっても逆に「エネルギー」を奪われるので気をつけてくださいね。

 

今現在なんだかやる気が出ないなあと感じる方は「人と会う」ということを意識してみてくださいね!

 

 

で、最後に「食べ物に気を遣う」ということについて。

実は食べ物は「エネルギー」にかなり関係しているんです。

(「食」と書いて「人を良くする」と読むことも出来るわけですから)。

 

だからどんなに勉強する環境がよくても「食べ物」をないがしろにしているうちはあまり集中出来ないんですね。

 

僕らは「医食同源」の言葉にあるとおり「食べ物」で出来ているんです。

 

脳も内臓も髪もなにもかもです。だからポテチばっかり食べてる人は脳みそまでポテチでできていくんですね。

 

じゃあどうすれば「食べ物」によって「エネルギー」を高められるのかというとこれはもう簡単で、

 

・「ジャンクフードをなるだけ食べない」

 

 

・「愛情のこもった手料理を食べる」

 

ということなんですね。

 

ジャンクフードは僕らの生活に入り込みすぎていているのでなかなか完璧に排除するのは難しいのですが、「エネルギーを高める」という観点からするとジャンクフード断ちはすごく大切なんですね。

 

で、愛情のこもった手料理を食べるということもすごく大切です。

 

僕は専門家ではないので詳しいことはわかりませんが、「愛情」が料理に込められているかどうかというのはすごく大切だと思っています。

 

愛のこもったご飯を食べるだけでココロもおなかも満たされますしね!!

この二点に気をつけるだけでもだいぶ違いますよ!!

 

今なんだかやる気がでない、という方は「食べ物」を見直してみて下さいね!

 

 

次に、二つ目の原因である

 

・「常に心が浮気性である」

 

ということについてです。

 

 

心と勉強になんの関係があるんだと皆さん思われるかもしれませんが、心の状態を整えるというのはとても大切なことなんですね。

 

スポーツをされていた方ならもしかしたら経験されたこともあるかもしれませんが、上の空でプレーをしているときはまずいい結果が出せませんよね?

 

大事な場面でミスしたり、味方の声が届かなかったりと集中しているときは絶対にしないようなミスをしたりしますよね?

 

 

で、そういう時って大抵結果は出ないはずです。

 

簡単に言えばこれと同じことが勉強するときにも起こっているんです。

 

だから心の状態というのは結果を大きく左右するんです。

 

 

じゃあどうすれば心の状態が整うのかというと簡単で、

 

・「一度に一つのことしかしない」

 

ということです。

 

洗い物をしている時は目の前の食器を洗うことに集中する。

 

音楽を聴きながら、なんてだめです(笑)。

 

 

休む時もそうです。

15分休むと決めたならその時間は何もせずひたすら休む!

途中で誰かからLINEでメッセージが送られてきても気にしない。

 

 

逆に勉強すると決めた時はひたすらそれだけに集中する。

 

 

シンプルだけど、こういうことが「心の浮気性」を治してたくさん勉強するために必要なんじゃないのかなと思うんです。

 

 

いかかでしたか?

今回はテクニック的な側面よりも勉強にとりかかる前段階のことについて書きましたが、この二つを意識することはすごく大切なんじゃないのかなと思います。

なかなか勉強する気が起きないなあという方はお試しあれ!!

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です