語学が伸びない時に意識すべきことは「正確なアウトプット」である!!

投稿者: | 2017年2月10日
Pocket

こんにちはー。

今日は語学が伸び悩んでいる時に意識してほしいことについて書いていきます。

 

 

もう結論から書きますが、

 

 

 

・「アウトプットを意識したインプットが出来ているか」

 

 

ということです。

 

どうしても語学が伸び悩んでいる時はアウトプットとインプットのバランスがおかしくなってしまっていることが多いんですね。

 

 

アウトプットが出来るか否かでインプットの質も知ることが出来ます。

 

 

アウトプットが出来ない時は実は全く理解が出来ていない、ということなんですね。

 

 

テキストを使って文法を勉強したあとは必ずいくつか文を作ってみる、新しい単語を覚える時はそれを用いた文を作ってみる、文章を読んだらきちんと文法的に理解出来ているかどうか誰かに説明してみたりして確認する。

 

 

こんな感じで、インプットのあとは必ずアウトプットを行うことを習慣にしてみてください。

 

今までアウトプットする習慣がなかった人がアウトプットを始めると、たくさんの欠点が目に付くと思います。

 

理解出来ていたようで全く理解出来ていないという事実とも向き合わされるだろうと思います。

 

 

そういった部分に上達を妨げている原因があることがものすごく多いんですね。

 

 

それにきちんとアウトプットをすることを習慣にしておくと知識の定着度が段違いになってきます。

 

アウトプットに支えられていない知識は浅い理解から抜け出せていないので結局時間が経つと忘れてしまうんですね。

 

語学が伸び悩んでいる時には

 

・「アウトプットを意識したインプット」

 

 

を行うことを意識してみて下さいね。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です