たかのプロ野球雑談記

野球が好きな大学生です。野球メインでたまに漫画の話もします。

球場初本塁打まとめ! パ・リーグ編

 

球場毎の初本塁打を気になって調べてみました。

今回は現在パ・リーグ球団が本拠地として使用している6球場を紹介します。

オープン戦を含まない、公式戦での記録を優先的に紹介します。

 

 

1.県営宮城球場(楽天生命パーク)

 

開場は1950年の5月5日。5月27日の球場完成前に開場したらしいです。

 

柿落としとなったのは、毎日対南海と毎日対大映ダブルヘッダーでした。

本塁打ダブルヘッダーの第2戦で、毎日の別当薫大映林義一から記録しています。

 

f:id:taka_gogaku:20211118221731j:image

https://ja.wikipedia.org/wiki/%25E5%2588%25A5%25E5%25BD%2593%25E8%2596%25AB

画像はWikipediaより引用

 

別当薫はこの年、打率.335、43本塁打、105打点を記録。パ・リーグ初の本塁打王打点王となり、同じくリーグ初となるMVPも受賞しています。

さらにこの年は盗塁も34個記録しており、岩本義行(松竹打線)と共にNPB史上初のトリプルスリー達成者となりました。

 

話は逸れますが、もう1人の初代トリプルスリー達成者である岩本選手の所属していた、松竹ロビンスはこの年「水爆打線」と呼ばれ、小鶴誠選手が歴代最多のシーズン161打点を記録しています。



2.大阪ドーム(京セラドーム大阪)

 

開場は1997年の3月1日。開場当初は、大阪近鉄バファローズが本拠地としていました。

 

本塁打が生まれたのは、開幕戦となる4月8日の近鉄対ロッテ戦。

近鉄鈴木貴久選手がロッテの榎康弘選手から記録しています。

 

鈴木選手は近鉄一筋で16年在籍し192本塁打を放っている、いてまえ打線の顔のような選手でした。

2004年の5月に40才の若さで亡くなられています。

 

大阪ドームは、2004年の近鉄オリックスの合併後にオリックスの本拠地となりました。



3.札幌ドーム

 

札幌ドームの開場は2001年の6月2日。

プロ野球の初試合となったのは、6月26日の巨人対中日戦でした。

 

記念すべき初本塁打を放ったのは、今でも現役の中日・福留孝介選手。

先頭打者の福留選手は、1回表に巨人のダレル・メイ選手の1球目を本塁打にします。

 

さらに、福留選手の背番号が1であったことから

「背番号1の福留孝介選手が、1回表に1番打者として球場第1球目を球場第1号本塁打

と、「1」尽くしの記録となっています。

 

この本塁打の落下地点は、右中間スタンドの111通路20列147番の席で記念プレートが座席の床に飾られています。

www.sapporo-dome.co.jp

「あれ、日本ハムは?」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、この時はまだ日ハムは北海道に移転しておらず、巨人と共に東京ドームを本拠地としていました。

 

日本ハムの北海道移籍後の札幌ドーム初本塁打は、2004年4月3日の西武戦で日ハムの小田智之選手が記録しています。

こちらはライト側の113通路25列付近に、記念プレートが設置されているようです。



4.福岡ドーム

 

現在は「福岡PayPayドーム」という大変ユニークな球場名となっています。公式球団歌の「いざゆけ若鷹軍団」中にもその名は登場しています。

歌詞は↓

https://www.joysound.com/web/search/song/830896

3番に入る前で確認できます。

 

そんな福岡ドームが開場したのは1993年4月2日。1992年シーズンまでは、ホークスは平和台球場を本拠地としていました。



公式戦での初本塁打は、1994年4月18日の試合で近鉄ブライアント選手がホークスの若田部健一選手から記録しています。

f:id:taka_gogaku:20211118221933j:image

【伝説の助っ人インタビュー】ブライアント 「ワタナベから打ったHRは忘れない」 | 野球コラム - 週刊ベースボールONLINE

画像は引用

 

ブライアント選手といえば、仮面ライダーV3の「戦え!仮面ライダーV3」が原曲の異様にかっこいい応援歌が印象にあります。

 

オープン戦も含めると、球場初本塁打は4月2日のロッテ対日本ハムのオープン戦で日ハムのリック・シュー選手が記録しているようです。



5.西武ライオンズ球場(現・メットライフドーム)

 

公式戦初の本塁打は、1979年4月14日の西武対日本ハムの試合で生まれます。

本塁打を放ったのは2021年限りでホークスの一軍打撃コーチを退団した、立花義家さん。

 

f:id:taka_gogaku:20211117142450j:image

立花義家 満塁で強さを発揮した左のスラッガー/プロ野球1980年代の名選手 | 野球コラム - 週刊ベースボールONLINE

画像は上記サイトより引用

 

日ハムのエースで、1981年に江夏豊とのトレードで広島に移籍する事になる高橋直樹選手から記録します。

 

ちなみに、これが立花さんのプロ入り後初本塁打でもあったそうです。

 

立花さんは2022年から、楽天の一軍打撃コーチに就任することが決定しています。

楽天、ホークスの他に、オリックス、西武、ロッテでコーチを務めていた為、日ハム以外のパ・リーグの5球団にコーチとして所属していたことになります。

 

ついでにドーム球場化してからの初本塁打も見ていきましょう。

1997年オフから西武球場ドーム化の工事が始まり、1999年にドーム化が完了しています。

 

そして初本塁打は、4月13日の近鉄戦で、近鉄大村直之選手が西武の新谷博選手から記録しています。

大村選手といえば、近鉄消滅はダイエーオリックスでプレーし通算1865安打を記録した選手です。

 

西武の選手の初本塁打は、同試合で田辺徳雄選手が高村祐選手から記録した物のようです。

 

オープン戦も含んだドーム化後の初本塁打は、3月20日の西武対巨人のオープン戦で松井秀喜選手が記録しています。




6.千葉マリンスタジアム(ZOZOマリンスタジアム)

 

開場は1990年3月24日。

公式戦初本塁打は1991年5月25日のヤクルト、中日によって行われた球場初の公式戦で

生まれます。

ヤクルトの荒井幸雄選手が中日の小松辰雄選手から記録しました。

f:id:taka_gogaku:20211202143538j:image

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190523-12

画像は引用

 

もっとも、この時ロッテはまだ千葉に移籍しておらず、川崎球場を本拠地としていました。

 

ロッテがマリンスタジアムで行った最初の試合としては、同年7月31日の西武戦が挙げられるのですが、この試合では本塁打は生まれませんでした。

 

1992年4月4日の開幕戦がロッテの千葉移籍後初のマリンスタジアムでの試合となるのですが、この試合でも本塁打は生まれません。

 

待望のロッテ及びパ・リーグ球団のマリンスタジアム第1号本塁打はが生まれたのは4月7日の対ダイエー戦。

ロッテのマイク・ディアズ選手がダイエーのL.タネル選手から記録しています。

 

この試合はロッテが5-1で勝利を挙げます。

ロッテ先発の牛島和彦投手は、血行障害の影響で1990年、91年に勝利が無かった為、この試合での勝利が1989年以来924日ぶりとなりました。

 

ディアズ選手といえば、西武の清原選手にヘッドロックをかけた事が有名です。

↑こちらの動画、打席に入ってるのが清原和博選手、マウンド上の選手がロッテの平沼定晴選手です。清原選手のヒップアタック後、ホームベース付近で清原にヘッドロックを掛けている大柄の選手がディアズ選手です。

 

オープン戦も含めた球場初本塁打は、1990年3月24日の巨人対ロッテのオープン戦で記録されています。

記念すべき本塁打を放ったのは、後に「幕張のファンタジスタ」と呼ばれるようになる、ロッテの初芝清選手。

このオープン戦当初はロッテの千葉移籍は決定しておらず、試合も巨人主催でした。



以上、現在のパ・リーグ本拠地の初本塁打まとめでした。

中日に所属したサイ・ヤング賞初代受賞者

1962年の1シーズンのみ中日に在籍していたドン・ニューカム選手。
日本での登録名はニックネームでもある「ニューク」でした。

そんな彼ですが、なんとサイ・ヤング賞の初代受賞者だったのです。
サイ・ヤング賞は意外にも日本の沢村賞よりも歴史は新しく、1956年に制定されています。(沢村賞は1947年)

f:id:taka_gogaku:20211111005933j:plain

Wikipediaより引用

さらに驚くことに、ニューカム選手は外野手として中日に入団。81試合に出場し、打率.262、12本塁打を記録したのでした。

また、中日では1試合のみ投手として登板しています。

MLBでの通算成績は149勝90敗、防御率は3.56。
打者として代打で出場する事もあったそうで、MLBでの通算打撃成績は988打席で打率.271、238安打でした。

中日に在籍していた、初代サイ・ヤング賞受賞者、ドン・ニューカム選手でした。

阪神ファンあるある前編

今回は今シーズン勢いに乗っている阪神について、阪神ファンあるあるを見ていきたいと思います。早速いきましょう。

新井いじり

「辛いです」に並んで新井貴浩に関する有名な名言が新井の阪神在籍時に生まれた「新井が悪い」です。

もとは、2012年4月11日の阪神対広島戦で内角球に対しブラゼルが激怒した事を機とする乱闘中に生まれた言葉です。
両球団の選手が入り乱れる中、広島ファンの1人が「新井が悪いよ〜新井が」のヤジを入れます。
勿論、新井には何の過失もなかったのですが、この言葉はプロ野球ファンの中で一躍有名になります。

この言葉を放ったのは自体は広島ファンですが、この一件もあり阪神のイジられキャラに定着した、新井貴浩
事あるごとに関係の無い新井のせいにされるのでした。

他にも新井が慕う金本によるイジリなど多くのプロ野球ファンに愛されている新井貴浩なのでした。

f:id:taka_gogaku:20210521001303j:plain


手のひら返しが凄い

阪神ファンは日本一手のひら返しがエグいと言われています。前日まで、ある選手や監督のことを罵倒していたのが、1試合の結果で人が変わったようにその人の事を褒めちぎると言うことが多々あります。主な例を3つあげましょう。

1.和田豊監督への手のひら返し

2014年、阪神は前半戦でなかなか勢いに乗れず監督の和田豊はファンや株主に采配を批判され続けます。

最終的に3位の広島にわずか0.5ゲーム差でリーグ2位でシーズンを終えたもののリーグ優勝を望んでいた阪神ファンは和田監督への批判をやめませんでした。

しかし、阪神クライマックスシリーズのファイナルステージで巨人を4タテし、日本シリーズへの進出を決めると阪神ファンは一斉に手のひらを返し和田監督を絶賛し始めます。
「光の中から現れた短期決戦の鬼」の元ネタとなる有名な一文もサンスポに掲載されました。

最終的にホークスに負け、日本一にはなれませんでしたがこの年の手のひら返しはすごいものでした。

f:id:taka_gogaku:20210520225713j:plain

2.ドラフト1位・近本への手のひら返し

2018年のドラフト1位で近本光司が阪神に指名され、仮契約を済ませますが日刊スポーツにより「足にビビるなよ」(近本は俊足の野手)と報道されると早速ファンにいじられ始めます。
開幕前には牽制死や盗塁死、挙げ句の果てにはアウトカウントの間違いで試合を早く終わらせたこともあり批判は止まりませんでした。

しかし、シーズンが始まると13試合連続ヒットを放つなど活躍。長嶋茂雄の持つセ・リーグ新人記録を更新する159安打を放ち、盗塁王のタイトルも獲得します。
最終的には新人特別賞が贈られました。

阪神ファンはシーズン途中からは開幕前と打って変わって近本を讃頌しました。

f:id:taka_gogaku:20210520225546j:plain

3.ロハス・ジュニアへの手のひら返し

韓国のKBOリーグで2020年に本塁打王打点王の二冠に輝き、2021年に阪神入りしたロハス・ジュニアでしたが、日本での初打席からなかなかヒットが出ず、ジャスティン・ボーアが2019年に記録した18打席連続ノーヒットを更新します。

しかし、つい先日、22打席目にして初安打となる本塁打を放ちます。その後の打席でもヒットを放つと、前日までロハスのことを批判していた阪神ファンは一転して彼を神助っ人扱いし始めたのでした。




他球団ファンから恐れられている

酷いヤジを飛ばすことやマナーが悪いことから他球団のファンから怖がられているというのも阪神ファンあるあるですね。甲子園球場のホーム席で他球団を応援していた他球団ファンが周りからの視線で死ぬ思いをするというのもよく聞く話です。

ヤジが面白い

汚いヤジを吐く阪神ファンもいますが、面白いヤジを飛ばすことに命をかけている阪神ファンもいます。例を挙げると、巨人の阿部慎之助に対して「ABEじゃなくてABCやろ! 中学校から勉強せえ」や、選手のシーツが不調の時に「干すぞ!」といったものがあります。

面白いかはさておき、和田豊監督の不倫相手とのメールが暴露された時の「和田〜、俺にもチュッてしてくれた〜」や「よ!下半身タイガース」などのヤジも話題になりましたね。

f:id:taka_gogaku:20210520224608j:plain

f:id:taka_gogaku:20210520224614j:plain

巨人アンチ

阪神ファンといえば巨人アンチが多いことも有名です。巨人のマスコットキャラクターのジャビットはよくその犠牲になっており、たびたびヒモにくくりつけられ阪神ファンによって引き摺り回されます。全く関係ない阪神対西武戦でもジャビットが引き摺られていたという目撃情報も耳にしたことがあります。

f:id:taka_gogaku:20210520224005j:plain

f:id:taka_gogaku:20210520223836j:plain

カーネル・サンダースの呪い

1985年10月16日の阪神のリーグ優勝決定時、その立役者となった三冠王のバースに見立て、ケンタッキーのカーネルサンダースの像を興奮した阪神ファン道頓堀川へと投げ込みます。
これ以降阪神の成績が低迷しているという都市伝説がプロ野球ファンの間に広まりました。

それから23年半後の2009年3月10日にサンダース像は発見され、ケンタッキーの日本法人に変換されました。

f:id:taka_gogaku:20210520234757j:plain

踊るおっちゃん

阪神ファンの間で有名なのが、甲子園や他の阪神の試合が行われる球場に現れてオリジナルのダンスを踊る、通称「踊るおっちゃん」です。

僕は下のブラゼルの踊りがめちゃくちゃツボです。


今回はここまでで、後半に続きます。

歴代の二刀流選手紹介前編

エンゼルス大谷翔平が投打に渡って大活躍しています。まさに二刀流の名に相応しい選手と言えるのでしょうか。
今回はそんな二刀流選手のうち、過去に活躍した選手を紹介していきます。

景浦將

f:id:taka_gogaku:20210504182021j:plain
f:id:taka_gogaku:20210504182027j:plain

まずはこの人、景浦將。「將」は「将」の旧字体で「まさる」と読みます。

戦前に阪神で活躍した選手で「零代ミスタータイガース」と呼ばれることのある人物。

水島新司の漫画「あぶさん」の主人公、景浦安武のモデルの一人とされています。


立教大学を中退して1936年に阪神に入団。

1936年秋季に歴代2位の記録である.079で最優秀防御率と、勝率10割で最高勝率のタイトルを獲得。
1937年には4番サードとして活躍し、春季には打点王、秋季には首位打者に輝きます。

長いプロ野球の歴史において、首位打者最優秀防御率の両タイトルを獲得した選手は景浦一人だけです

巨人の沢村栄治と名勝負を繰り広げ、「東の沢村、西の景浦」や「職業野球は沢村が投げ、景浦が打って始まった」とも言われました。

1944年に2度目の応召を受け、1945年5月20日にフィリピンで戦死したとされています。

1984年に発行された「日本プロ野球50周年記念切手」の打者のデザインは、公式には発表されて無いものの景浦をモデルにしたもの。
ちなみに、投手のデザインのモデルは沢村栄治でした。


野口二郎

f:id:taka_gogaku:20210505005213j:plain

次に紹介するのは野口4兄弟の次男、野口二郎。野口4兄弟とは上から順に明、二郎、昇、渉の4兄弟の事で全員がプロ入りしている、新井兄弟も顔負けの兄弟です。


法政大学を中退した後、東京セネタースへと入団。
東京セネタースとは、後に合併し大洋軍(横浜とは無関係)となる今は無きプロ野球チームです。

1年目の1939年から2年連続で33勝の大活躍。さらに、1940年には防御率.093で、1941年には防御率.088の成績で最優秀防御率のタイトルを獲得しています。

1942年5月23日の名古屋戦では、二日酔いでの当番にも関わらず、NPB史上最長となる延長28回を344級で完投しました。

1946年の8月29日から10月26日に当時日本記録(現在は3位)となる31試合連続安打を記録し、打者としても球史に名を刻みました。

規定投球回規定打席の両方に到達したシーズンが6回もあるという、大谷翔平も顔負けの二刀流選手となっています。
さらにそのうちの2シーズンは、防御率、打率両方でベスト10入りしていると言うので、驚きです。


関根潤三

f:id:taka_gogaku:20210505011554j:plain

日大三中時代に巨人のエース、沢村栄治から投球を見てもらい、「素質がある」との言葉をもらったといいます。

法政大学卒業後、恩師の藤田省三が監督を務めることになっていた近鉄パールスに投手として入団。

1年目から投手として4勝12敗、打者として.248、4本塁打、21打点の成績を残します。(近鉄は1949年創設のため、負けが先行するのも仕方がない)

1953年には10勝し、投手としてオールスターに出場。

しかし、投手としての限界を悟り1957年に打者に転向。
転向初日から3安打を記録し、この年は主に3番右翼手として試合に出場。最終的に規定打席に到達し、リーグ9位の打率.284を残します。

1959年に野手としては初めてオールスターに出場。
大谷翔平が2013年に野手として、2014年に投手としてオールスターに出場するまで、投手、野手の両方でオールスターに選出されたのは関根が唯一でした。

また、50勝、1000本安打の両方を達成したのは西沢道夫関根潤三の2人だけです。

引退後は広島や巨人でコーチを、大洋とヤクルトでは監督を務めました。

ノーノーで首位打者?〜初代ミスタードラゴンズ・西沢道夫〜

「10.8決戦」時の中日監督の高木守道や、名球会入りも果たしている立浪和義が、それぞれ2代目、3代目のミスタードラゴンズと呼ばれる一方、初代ミスタードラゴンズと呼ばれたのは西沢道夫です。

西沢道夫とは、1リーグ時代から日本プロ野球で活躍した人物で、後に中日の監督も務めています。今回はそんな西沢選手について紹介していきます。

f:id:taka_gogaku:20210504104228j:plain

https://www.chunichi.co.jp/article_photo/list?article_id=47525&pid=43540

最年少での公式戦登板

1936年12月に15歳で名古屋軍(現在の中日ドラゴンズ)に投手として入団。

年齢不足の為、1年目の1937年は初め練習生として過ごし、同年9月5日に公式戦に出場します。

この時、西沢はなんと16歳!
16歳と4日での公式戦登板は現在も日本プロ野球史上最年少記録となっています。

世界最長イニング数

f:id:taka_gogaku:20210502115557j:plain

1942年5月24日、後楽園球場ではトリプルヘッダーで試合が行われました。

西沢はその3試合目の名古屋対大洋戦に先発。

この「大洋」とは、後の「大洋ホエールズ」、現在の「横浜DeNAベイスターズ」とは関係無く、翌1943年に「西鉄軍」と改称する別のチームとなります。

さらに、この「西鉄軍」も後の「西鉄クリッパーズ」現在の「埼玉西武ライオンズ」とは直接の繋がりはありません。



選手について見ていきましょう。

相手の先発は野口二郎

野口は翼軍時代の1940年と大洋時代の1941年に最優秀防御率のタイトルを獲得しているエース級の選手。
この年には歴代3位のシーズン40勝と歴代1位のシーズン19完封を記録しています。

前日の朝日戦でも9回1アウトまでノーヒットノーランに抑え、結局1安打での完封勝利をした選手です。
試合後は巨人の川上哲治と呑み、二日酔いの状態で名古屋戦に登板したといいます。



名古屋はそんな野口を攻め立て、2回、3回に1点ずつ取ります。
しかし、大洋も6回裏に反撃し、同点に追いつきます。7回裏にも2点奪取し逆転。

このまま、大洋のリードで試合が終了すると思われた9回表、名古屋のキャッチャー、古川清蔵の2ランで試合は振り出しに戻ります。

その後は両軍無得点のまま延長28回まで続き、日没で試合終了。
4-4の引き分けとなりました。

西沢は311球、野口は344球で共に完投!
28イニングは今でも世界最長のイニング数となっています。

1試合が延長無しだと9回までなのでその3倍以上だと思うと、その長さがわかりますね!

試合時間はそれほど長く無く、3時間47分となっています。


ちなみに、この試合で大洋軍の1塁を守ったのが野口二郎の兄である野口明で、彼は明石中との延長25回の試合にも出場しておりアマチュア、プロ両方の公式野球で延長試合の最長を記録した試合に出場した唯一の選手となっています。

応召と復帰・打者転向

1942年7月18日にはノーヒットノーランを達成した西沢でしたが1943年に応召。

1946年に名称が変更していた中部日本軍に復帰しますが、応召中に肩を痛めていたため投手としては戦前ほど活躍できませんでした。

そんなとき、先輩の坪内道典から自身が選手兼監督を務めるゴールドスター(現在の千葉ロッテマリーンズ)に誘われ移籍。

1949年に中日に復帰を要請され、坪内の移籍も懇願し共に復帰。

強打者として大活躍

中日復帰初年の1949年は37本塁打を記録し打者として活躍します。

翌1950年には46本塁打を記録するものの、NPB史上初の50本塁打を達成した松竹ロビンス小鶴誠が最終的に51本塁打を記録した為、本塁打王のタイトルは獲得できませんでした。

この年、小鶴が属した松竹の打線は水爆打線と呼ばれ、小鶴は今でもそれぞれNPB記録となっている、161打点、376塁打、143得点を記録しました。

しかし、この年に西沢が放った5本の満塁本塁打はシーズン満塁本塁打数の日本記録となっています。

打撃タイトルの獲得

1951年、52年、54年は選手兼打撃コーチとしてチームに所属。
1952年には打率.353、98打点で首位打者打点王のタイトルを獲得します。

ノーヒットノーラン首位打者打点王のタイトルの獲得を経験しているのは、長いNPBの歴史において西沢だけでしょう。
打点王を除くと、台湾出身で巨人や阪神に在籍し「人間機関車」と呼ばれた呉昌征も当てはまります。

1954年には再び打撃コーチを兼任。打率.341、16本塁打、80打点の好成績を残し中日の初のリーグ制覇、日本一に貢献しました。

1956年には助監督を兼任。58年には再び打撃コーチを兼任し、この年に現役を引退します。

この時使用していた背番号15は中日初の永久欠番となりました。

引退後

引退後はTBSの解説者などを経て、1963年からは中日のヘッドコーチを務めました。

1964年は中日の優勝が期待されていましたが、開幕の大洋(こちらは今の横浜に繋がる大洋)との三連戦で30失点の3連敗。
6月8日からは杉浦清に代わって監督を務めます。
この年は最下位でしたが、1965年からは監督を退任する1967年まで3年連続で2位となりました。

また、中利夫小川健太郎、2代目ミスタードラゴンズ高木守道らを見出しました。

1977年に野球殿堂入りし、この年に心不全で急逝。

両リーグ打点王は1人だけ!〜プロ野球記録集〜

日本プロ野球史上で1人にしか達成されていない
珍しい記録をクイズ形式で紹介していきます。早速見ていきましょう。


1.NPB史上で唯一両リーグで打点王を達成している選手は誰?
A.山崎武司
B.落合博満
C.タフィ・ローズ
D.中村紀洋







↓に答えあり







B.落合博満

両リーグ本塁打王は3人、両リーグ首位打者は2人それぞれ達成した選手がいますが両リーグ打点王落合博満の1人のみ。
ロッテ時代の1982、85、86年と中日時代の1989、90年にタイトルを獲得しています。

両リーグで本塁打王の獲得経験のあるの3人とは落合博満タフィ・ローズ山崎武司の事で、両リーグで首位打者の獲得経験のある2人とは江藤慎一内川聖一の事です。



2.NPBにおける、通算最多登板の記録を持っている選手は?
A.岩瀬仁紀
B.金田正一
C.五十嵐亮太
D.江夏豊







↓に答えあり





A.岩瀬仁紀

プロ入り1年目の中日での1999年から15年連続で50試合以上に登板。通算では、1002登板を果たします。通算2位は米田哲也の949登板で50登板数以上の開きがあります。



3.NPB史上唯一の同年に本塁打王盗塁王のタイトルを獲得している選手は?
A.秋山幸二
B.松井稼頭央
C.金山次郎
D.山田哲人







↓に答えあり






D.山田哲人

2015年に打率.329、38本塁打、34盗塁でトリプルスリーを達成し、本塁打王盗塁王のタイトルも獲得しました。この両タイトルの同時受賞はこの年の山田が唯一です。

現役生活の中で本塁打王盗塁王の両方を獲得したことのある選手に範囲を広げても、山田哲人の他に選択肢にあった秋山幸二金山次郎の3人だけです。

金山次郎とは1940〜50年代に名古屋軍松竹ロビンスで活躍した選手で、本塁打王を1度、盗塁王を3度獲得しています。



4.NPB史上最多の3球団での最多勝のタイトルを獲得している選手は?
A.涌井秀章
B.工藤公康
C.V.スタルヒン
D.藤井秀悟








↓に答えあり






A.涌井秀章

西武時代の2007、09年に2回、ロッテ時代の2015年と楽天時代の2020年に1回ずつ、最多勝のタイトルを獲得しています。

それぞれの選択肢の選手を見ていきましょう。

まずは現在のホークスの監督、工藤公康選手。
西武、ホークス、巨人、横浜と4球団を渡り歩き、最優秀防御率と最高勝率を4回、最多奪三振を2回獲得している選手ですが、最多勝のタイトルには縁がありませんでした。

V.スタルヒンは1リーグ時代から巨人や大映スターズで活躍し、プロ野球史上最多の6回、最多勝のタイトルを獲得している選手です。

藤井秀悟はヤクルト、巨人、日本ハム、横浜で活躍した選手で最多勝はヤクルト時代に1度獲得しています。



5.最年長猛打賞の日本記録を持つのは、1998年5月16日に44歳5ヶ月で達成した日本ハム落合博満ですが、セ・リーグ記録を持つのは誰?
A.福留孝介
B.山崎武司
C.谷繁元信
D.山本昌







↓に答えあり






C.谷繁元信

監督兼選手として中日に在籍した2015年5月4日の阪神戦で猛打賞を記録し、これが44歳4ヶ月19日での最年長での猛打賞となりました。

山崎武司は44歳6ヶ月の最年長での3塁打の記録を持っています。

山本昌は50歳57日で試合に登板したプロ野球最年長記録を持つ投手ですが、48歳0ヶ月での安打と打点のセ・リーグ記録も保持しています。

現在NPB最年長は、中日の福留孝介。最年長猛打賞の記録が更新されるとしたら、達成するのはこの人ではないでしょうか。



6.5試合連続猛打賞の日本記録を持っている選手は西沢道夫ともう1人は誰?
A.イチロー
B.井口資仁
C.松中信彦
D.西岡剛







↓に答えあり







B.井口資仁

2003年の6月3日のオリックス戦から6月8日の日本ハム戦までで5試合連続の猛打賞を記録。

これまでの1997年のタフィ・ローズや2000年の小笠原道大の4試合連続猛打賞のパ・リーグ記録を更新し、中日の西沢道夫が1954年に記録したプロ野球記録に並びました。

西沢道夫について。
「10.8決戦」時の中日監督の高木守道や、名球会入りも果たしている立浪和義が、それぞれ2代目、3代目のミスタードラゴンズと呼ばれる一方、初代ミスタードラゴンズと呼ばれたのが西沢道夫です。

1リーグ時代から日本プロ野球で活躍した人物で、後に中日の監督も務めています。日本プロ野球史上最年少の16歳と4日で公式戦に出場した記録を持つ選手です。



7.6四球の1試合最多四球の記録を持っている選手は誰?
A.松井秀喜
B.落合博満
C.バレンティン
D.カブレラ






↓に答えあり






B.落合博満

これも答えは落合博満。中日在籍時の落合博満が1991年10月13日の試合で記録。
この年、落合博満とヤクルトの古田敦也首位打者を争っており、古田が落合を僅差でリードして最終戦となる中日対ヤクルト戦を迎えます。
この日の試合で古田は試合に出場せず、落合には全打席故意四球を与え、この記録が生まれることとなりました。
その成果もあり、打率.340で古田は首位打者のタイトルを獲得しました。

中日の名応援歌選集!

今回は中日ドラゴンズの名応援歌を紹介していきます。早速見ていきましょう!!

福留孝介

f:id:taka_gogaku:20210415214742j:plain


【歌詞】

「①すわこそゆけの命に 気迫のフルスイング
凱歌が上がるスタンド バックスクリーンへ」

②彼方の空を見据え 挑め夢のステージ
飛び出せすべて捧げて 扉の向こうへ」


1995年ドラフトで高校生の選手に対しての史上最多の7球団による競合の末、近鉄が交渉権を得るが入団を辞退。
1998年ドラフトで中日を逆指名しプロ入りします。

プロ入り後は日本球界在籍期間に2度の首位打者に輝き、2008年からはメジャーに移籍。

2013年に阪神に移籍し、日本球界復帰。2021年からは再び古巣中日に戻ることとなりました。
2021年現在、NPBの最年長選手となります。

この応援歌は福留が幼少期から憧れている立浪和義の応援歌の流用で、小笠原道大に使われたこともありました。

①は2005年まで、②は2006年から使われた歌詞で、②は福留のメジャー移籍を暗示するような歌詞でした。


落合博満


【歌詞】

「三冠落合 広角打法 レフトへライトへ
ホームラン」


高校時代に7度の野球部の入部と退部を繰り返す。大学を中退し、プロボウラーを目指すなどの異例な経歴の持ち主。
東芝府中を経て、1978年のドラフト3位でロッテに指名されます。

1982年、85年、86年には三冠王を達成。三冠王の3回達成は落合が唯一となる記録です。

後に4選手とのトーレドで中日に移籍。ここでも2度ずつ本塁打王打点王のタイトルを獲得します。両タイトルとも両リーグでの獲得は史上初のことで、打点王に関しては現在でも落合が唯一です。

1993年オフにこの年に誕生したFA権を行使し巨人へ。
移籍後初年度の1994年10月8日には、巨人と中日が同率1位で首位に並び最終戦を迎えた「10.8決戦」の試合がありました。
この日、先制ホームランと勝ち越しのタイムリーを放ち、前年まで居た古巣中日を下し、巨人はリーグ優勝を果たしました。


引退後、2003年10月8日に中日の監督に就任することが発表されます。
奇しくも同じ日付の1994年10月8日は、前述の「10.8決戦」で、その時中日を下した選手が中日の監督を務めることになりました。


井端弘和


【歌詞】

「光の速さで突っ走れ ドラマチックに
ダイヤモンドを駆け抜け 魅せろよ井端」


中学生の時、城南品川リトルシニアに在籍していました。
野村克也の妻、沙知代さんがオーナーを務める港東ムースとの試合をきっかけに、野村克也本人から電話をもらい、その時の助言により、堀越高校に進学しピッチャーから遊撃手に転向することとなります。

中日時代は荒木雅博との二遊間の「アライバコンビ」で名を馳せ、遊撃手として5度のベストナイン、7度のゴールデングラブ賞を獲得しました。

2013年WBCでの3月8日に行われた台湾戦では、9回2アウト1塁、2-3の一点ビハインドの場面で打席に立ちます。1塁ランナー鳥谷敬が盗塁。その後同点のタイムリーを放ちます。
この時の実況・清水俊輔アナウンサーの「鳥谷がスタートしている〜!」や解説の工藤公康の「なんてすごいんだ‥(恍惚)は話題となりました。↓


京田陽太


【歌詞】

「青き大空に 今勝利の華を 輝くその翼で
示せよ京田 オイ! オイ! 京田!
オイ! オイ! そーれ!」


2016年のドラフト2位で中日に指名され、プロ入り。

2017年から1番・遊撃手としてスタメンに定着し、規定打席にも到達。長嶋茂雄の153安打に次ぐ、セ・リーグ新人史上2位の149安打を記録します(阪神の近本光司が2019年に159安打を記録したため、現在は3位)。
この年新人王を獲得し、これは球団では1998年の川上憲伸以来の19年ぶりのことでした。

2019年はUZR(守備の指標)、守備率、刺殺数、補殺数、失策の少なさのいずれも京田が巨人の坂本勇人に勝っていたのにも関わらず、坂本がゴールデングラブ賞に選ばれます。この事はゴールデングラブ賞の投票制度に対する物議を醸すこととなりました。

2020年シーズンからは福田永将の後を継ぎ球団会長に就任します。

井上一樹


【歌詞】

「(前奏)轟々海鳴り響く 戦向かう船の上
ただそのときだけを待つ 
武士(もののふ)が如く 
男一矢放つとき 燃ゆる想い放つ時
悠然と立ち誇る 一樹(いつき)よ
我が人生(みち)の 心(ここ)に在る

(本編①)高く遠くまで飛ばせ みんなの希望をのせて
桜吹雪の道をゆく 一樹 一樹 それ一樹

(本編②)遥か感激の空へ 大きく唸りを上げて
燃える拳に誓い込め 飛ばせ一樹 それ一樹」


鹿児島商業高校時代には投手兼外野手として甲子園に出場。高校通算で40本塁打を記録しているものの、投手としてドラフト2位でプロ入り。

しかし、投手としては良い成績が残せず1993年のシーズン途中から野手に転向します。1998年に就任した水谷実雄打撃コーチの指導により打撃が開花。

1999年には開幕から21試合連続安打を記録するなどし、中日のリーグ制覇に貢献します。2006年から井端弘和に代わり中日の選手会長に就任しました。

現在は阪神タイガースのヘッドコーチを務めます。

応援歌の前奏中の一樹は「いつき」と読みますが、実際の名前は「かずき」です。
2005年までは①の歌詞が使われ、翌年からは②が使われました。


和田一浩


【歌詞】

「勇む力 踊る鼓動 快音を打ち鳴らして
夢奏で 沸かすリズム 刻め一浩」


西武時代、30歳である2002年シーズンに初めて規定打席に到達した、遅咲きの選手。2005年には首位打者最多安打のタイトルを獲得します。

2007年オフにFAで地元の岐阜県から最も近い中日に移籍し、2010年には打率.339、37本塁打、93打点のチーム三冠の成績で中日のリーグ制覇に貢献。

面白いのがこの年(2010年)のシーズンMVPに関してで、和田一浩は当時最年長の38歳でこのタイトルに選ばれます。
パ・リーグMVPは最多勝投手、ホークスの和田毅で両リーグで和田姓がシーズンMVPを獲得することとなりました。

2015年に史上最年長である42歳11ヶ月で通算2000本安打を達成します。


山崎武司


【歌詞】

「乱れる雲を打ち 嵐に向かう男
立ち上がれ山﨑 名古屋の意地だ」


捕手としてプロ入りするも、当時中日には正捕手の中村武志がいました。1989年に一軍初出場しますが、その年の10月15日の広島戦で正田耕三に5盗塁を許してしまい、結果として外野手にコンバートされることになります。

1996年に中日で、2007年に楽天本塁打王に輝いており、両リーグでの本塁打王の獲得は落合博満タフィ・ローズに続く3人目の快挙でした。

また、2007年の39歳での本塁打王打点王の獲得は40歳の門田博光に次ぐ、歴代2位の記録です。

楽天時代にもこの応援歌が使われていました。


渡邉博幸


【歌詞】

「鋭い一振り グラウンドに嵐呼べ
誰にも負けない闘志 この一番で」


2004年には一塁手として中日のリーグ制覇に貢献し、ゴールデングラブ賞を受賞します。

2005年以降は主に守備固めとして起用されました。

現在は、中日ドラゴンズの2軍で内野守備走塁コーチを務めています。


外国人汎用応援歌


【歌詞】

「海を越えて 夢を叶える 勝利掴め
我らと共に ラーラララーラ ラララララーラ
Let's go together Get the victory 」


専用応援歌が作られる前の外国人助っ人選手の応援に使われます。

近年ではアルモンテ選手に使われ、ロッテの石川歩選手が口ずさんだことで有名。

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表