たかのプロ野球雑談記

きららアニメと野球が好きな大学生です。野球メインでたまにアニメや漫画の話もします。

おすすめの歴代応援歌紹介パ・リーグ編第2回

今回は西武、楽天のおすすめの応援歌を紹介していきます。

埼玉西武ライオンズ

カブレラ

西武、オリックス、ホークスに在籍していた、歴代最強クラスの助っ人外国人。

2002年には当時の日本記録タイに並ぶシーズン55本塁打を放つ。

2001年〜2003年の3年間での150本塁打達成は史上初の記録であった。(同年に近鉄のタフィローズも記録)

意外にも、本塁打王のタイトルを獲得したのは2002年の1度のみである。


※当時の応援歌が見つからず、流用のウルフのものとなっています。申し訳ありません。

秋山幸二

清原、デストラーデとのクリーンナップはAKD砲と呼ばれ、他球団から恐れられた。

走攻守の三拍子が揃った選手で、「メジャーに一番近い男」と呼ばれていた。


清原和博

高卒1年目から打率.304、31本塁打、78打点の好成績を残す。これらはいずれも高卒1年目の選手の歴代最高記録。

最高出塁率のタイトルは取ったことがあるものの、打撃3タイトルはいずれも取ったことがない為「無冠の帝王」と呼ばれている。

また、現在はチャンステーマ2として使われている。外野で行われる民族大移動と呼ばれる応援形式は有名。


森友哉

山賊打線の正捕手を務める。

2019年に打率.329で首位打者のタイトルを獲得。捕手での首位打者野村克也古田敦也阿部慎之助に続くプロ野球史上4人目の快挙であった。
また、同年にMVPにも選ばれる。


炭谷銀仁朗

森友哉の前の西武の正捕手。

2018年オフにFAで巨人に移籍し、人的補償として内海哲也が西武に移籍した。

前奏がとってもかっこいい応援歌である。


東北楽天ゴールデンイーグルス

茂木栄五郎(〜2018年ver.)

歴代の応援歌の中でも5本の指に入ると言っても過言ではないほどの神曲

後半部は2012年シーズンまで楽天に在籍した草野大輔の応援歌の流用。


松井稼頭央

日本人初の内野手のメジャーリーガー。
歴代最強クラスの遊撃手。

2010年オフに楽天に入団し、日本球界復帰を果たした。

現在は埼玉西武ライオンズの二軍監督を務める。


枡田慎太郎

楽天球団2回目の2005年の高校生ドラフト4巡目でプロ入り。

リーグ優勝、日本一を果たした2013年には6番、左翼手としてチームに貢献。


ウィーラー

アメリカ時代から、トイストーリーに登場する「Mr.ポテトヘッド」の愛称で呼ばれていた。来日後は「ハクション大魔王」のニックネームで親しまれる。

2020年シーズン途中に池田駿とのトレードで巨人に移籍。

2020年のホークスとの日本シリーズでは、巨人の全4得点の内、3得点を記録。


浅村栄斗

西武時代は、山賊打線の一員として2018年のリーグ制覇に貢献。

同年オフにFA権を行使し、楽天に移籍。

2020年シーズンは、大阪桐蔭の1年先輩である中田翔と、本塁打王打点王のタイトルを争い、最終的に自身初となる本塁打王のタイトルを獲得。


鈴木大地

全ての内野ポジションを守ることのできるユーティリティプレイヤー

遊撃手と三塁手部門でベストナインに、二塁手三塁手部門でゴールデングラブ賞に選ばれたことがある。

2020年にロッテから楽天に移籍。